ABOUT

全国でも有数のスポーツが盛んな町である広島。
SPタイムズ株式会社は、地元に愛され、そして地元を愛し、
一体となっているスポーツクラブチームを応援し、広島にスポーツで繋がる輪を作りたいと思っています。

これまであまり接点がなかったスポーツのことを知る機会を作り、
試合会場以外でもスポーツクラブチームと接する機会を増やすため、
「SPORTS make SOMETHING INTERESTING!」をコンセプトに、スポーツと様々なものを掛け合わせて事業を
作っていきます。

SPタイムズ株式会社事業展開図

全国でも有数のスポーツが盛んな町である広島。 SPタイムズ株式会社は、地元に愛され、そして地元を愛し、一体となっているスポーツクラブを応援し、広島にスポーツで繋がる輪を作りたいと思っています。 これまであまり接点がなかったスポーツのことを知る機会を作り、試合会場以外でもスポーツクラブと接する機会を増やすため、「SPORTS make SOMETHING INTERESTING!」をコンセプトに、スポーツと様々なものを掛け合わせて事業を作っていきます。 SPタイムズは7つの異分野でスポーツとの融合を図り、新しい価値を創造します!

スポンサーチーム

チーム説明
自転車ロードレースのプロチーム 「VICTOIRE(ヴィクトワール)広島」は、2015年に中四国初のプロチームとして誕生しました。広島そして中国地方に自転車競技の文化を広げ、ロードレースの面白さを多くの人に知ってもらいたい。日本一強く、日本一愛されるチームへと成長したい。また、若手選手が活躍するための受け皿となる環境を構築し、世界に送り出せるような選手を育てたい。そして、将来的にはこのチームで世界を舞台に戦いたい。闘志を秘め、一歩ずつ確実に前進していくVICTOIRE広島にご期待ください。
スローガン/目標
今季目標
レース活動だけでは無く自転車ファンを増やす活動を行い、サイクリングイベントや地域のボランティア活動など積極的に参加していきます。ヴィクトワール広島を通して自転車の魅力を知って頂けるように幅広く活動していきます。今年から設立されたJCLに参入しリーグの首位に立てるように結果も求めて走り、広島県の皆様方から愛されるチームになれたらと思っています。
SPタイムズと一緒にやりたいこと
ロードバイクにまだ乗ったことない方に向けた自転車体験や体力づくりセミナーを開催したいと考えています。ヴィクトワール広島とファンの方が気軽に触れ合える機会を設けていきたいと思っています。ヴィクトワール広島とSPタイムズさんのコラボグッツなども作成しS Pカフェとヴィクトワール広島が広島の方に愛されるようにブランドの確率をしていきたいです。
チーム説明
「平和のまち、ひろしまからスポーツを通じた地域貢献」をミッションに掲げ、地域のフットサル及びスポーツの発展と普及を目指し活動する広島のフットサルチームです。2018年度から日本フットサルリ―グ(Fリーグ)の2部リーグ(F2)に参入し、1部リーグ(F1)昇格を目標に日々活動しています。
スローガン/目標
一心
SPタイムズと一緒にやりたいこと
いままで同様なインスタライブもいいのですが、週1回程度のYOUTUBEで広島スポーツを盛り上げる番組を作成してみるのはどうでしょうか?広島には元気丸というスポーツ番組がありますが、ほとんどカープかサンフレくらいして取り上げてもらえないため。
チーム説明
広島ドラゴンフライズは、「広島に、バスケでつながる風景を。」というクラブスローガンを掲げ、
世界とつながる都市・広島に根付くプロバスケットボールクラブとして活動をおこなっています。
広島ドラゴンフライズは、「広島に、バスケでつながる風景を。」というクラブスローガンを掲げ、
世界とつながる都市・広島に根付くプロバスケットボールクラブとして活動をおこなっています。
スローガン/目標
B1の舞台2年目となる今シーズンのスローガンは「B∞ST(ブースト)~UNITED WE STAND 2021-22~」。

クラブ名の「ドラゴンフライズ」はミヤジマトンボに由来しています。
後ろには退かず前にだけ進むトンボが「勝ち虫」と呼ばれるように、ドラゴンフライズが∞(無限)に前進していくことで、
そのさまを∞(無限)に応援していただき、応援くださる皆さまと相互に勢いを与えあうことのできるクラブになりたい、
という思いがこのスローガンには込められています。

皆さまと広島ドラゴンフライズが一丸になってコロナ禍を乗り越えるという強い希望と、
広島からバスケットボール、Bリーグ、そして日本を盛り上げていけるクラブに成長するという強い思いをもち、
2021-22シーズンも決して屈しない姿勢で闘ってまいります。

©SP CAFE&BAR, Inc. All Rights Resered